2018年5月21日月曜日

コンテストについて

マスターズ・ドゥ・ラ・ブーランジュリー に至るまでの
4段階のサイクルについて


マスターズ・ドゥ・ラ・ブーランジュリー に至るまでには4段階のサイクルがあります。


第1段階:「-国内選抜-」

第2段階:「ルイ・ルサッフル・カップ 国際セレクションラウンド -アジア予選-」

第3段階:「クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリー
(ベーカリー・ワールドカップ)」-EUROPAIN-パリ 

第4段階:「マスターズ・ドゥ・ラ・ブーランジュリー」(通称マスターズ)



第1段階:「-国内選抜-」

日本では近年はモバックショウで日本代表選手最終選考会が行われています。
【パン/ヴィエノワズリー/ピエスアーティスティック(飾りパン)】各部門から
1名ずつ選出されたブーランジェ3名でチームを形成します。



第2段階:「ルイ・ルサッフル・カップ 国際セレクションラウンド-アジア予選-」

世界各地域で開催され、第3段階のベーカリー・ワールドカップに
参加する12チームが選出され、出場する資格を得ます。



第3段階:「クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリー
:Coupe duMonde de la Boulangerie」-EUROPAIN-パリ

ユーロパン期間中に、第2段階の国際セレクションラウンドで選出された
12チームで開催され、優勝チームは「世界チャンピオン」になります。
またこのコンテスト中、各選手は個々に評価され、
各部門の上位選手はEUROPAINの2年後に開催される
マスターズ(第4段階)の参加資格を得ます。



第4段階:「マスターズ・ドゥ・ラ・ブーランジュリー(通称マスターズ)」

マスターズでは規則で求められている作品を作るということだけでなく、
プロとしてパン業界の明日のトレンドを作り出すということ:
創造性、独創性、革新といった要素が暗に必要となってきます。


大会内容について

“Coupe du Monde de la Boulangerie
クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリー”とは
どのようなパンのコンテストでしょうか?


このコンテストは、フランスのMOFが中心となって設立された
手作りパン振興会が主催するベーカリーのワールドカップで
1992年から始まりました。

フランスの製パン製菓展示会ユーロパン会場で開催されています。

大会には世界から12カ国が参加し、
1ヵ国3名【パン、ヴィエノワズリー、ピエスアーティスティック(飾りパン)の
各部門から1名ずつ】で構成される選手団が、
与えられたブースと限られた材料の中で規定の品目を
8時間以内に仕上げその技術・スピード・芸術性を競う大会です。

日本は1994年の第2回大会から出場し数々の賞を手にしています。

世界規模のこの大会を支援するための後援者はユーロパンの主催者である
EKIP“Les Équipementiers du Goût“(レ・ゼキプモンティエ・デュ・グー)
大会用の機材を提供するメーカーやLesaffreルサッフル社です。


詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.pannews.co.jp/cdm/about.html

https://www.mastersdelaboulangerie.fr/les-concours/coupe-du-monde-boulangerie.html

2018年5月5日土曜日

講習会

第1回 クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリー
出場を目指す方の為の講習会を開催しました。


日本フランスパン友の会は、CDMに挑戦して代表選手を目指したい方や
CDMに興味のある方・応援していただける方に向けた講習会を
4月19日に開催いたしました。


成瀬 正 氏(トランブルー)、日本代表選手3名
(二宮 茂彰、津田 宜季、勝海 遥平)による実演、
CDMに関する質問コーナーを中心に行いました。
また、歴代選手・関係者よりCDMの詳細についてご紹介いたしました。






今後も各部門(パン・ヴィエノワズリー・飾りパン)ごとの勉強会や
応援講習会を企画してまいりますので、ぜひご参加ください。


CDMについてのご質問はいつでもお気軽にお問合せ下さい。

※ご質問の内容はメール、FAXで下記宛てにお送りください。

日本フランスパン友の会事務局 担当/岸
東京都千代田区岩本町3-9-9 ㈱パンニュース社内
FAX:03-3864-0087
メールアドレス:kishi@pannews.co.jp






2018年3月12日月曜日

お知らせ

日本フランスパン友の会主催
クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリー
出場を目指す方の為の講習会 第1回


CDMに挑戦して代表選手を目指したい方に、
歴代選手やサポート関係者から攻略のポイントを伝授いたします。

CDMに興味のある方はもちろん、CDMを応援していただける方は、
ぜひこの講習会にご参加ください。

※講習会は国内選考の応募受付終了日(2020年9月)迄に、
4~5回開催を予定しております。


              日 時:2018年4月19日(木)10時~17時

              場 所:日本パン技術研究所 6F(東京都江戸川区西葛西6-19-6)

              内 容:日本代表選手3名(二宮 茂彰、津田 宜季、勝海 遥平)による
     実演(バゲット、バタール、パン・オ・ルヴァン、
        クロワッサン、ブリオッシュ、飾りパン)

成瀬 正 氏(トランブルー)による実演

CDMに関する質問コーナー
(歴代選手、関係者がお答えします。)


              参加費:7000円(昼食付き)

              定 員:100名(定員になり次第〆切)

              お申し込み先:日本フランスパン友の会事務局 担当/岸
                     東京都千代田区岩本町3-9-9 ㈱パンニュース社内

FAX:03-3864-0087
メールアドレス:kishi@pannews.co.jp


◆事前質問受け付け◆
CDMについての事前質問を受付しています。
お寄せいただいたご質問については、
講習会中に歴代選手、関係者よりご回答いたします。
(質問者のお名前は公開しません。)

ぜひ、お気軽にご質問下さい。

ご質問の内容はメール、FAXで上記宛てにお送りください。

質問例)クープデュモンドとマスターズの違いは?
国内選考で選ばれるパンの基準は?など。


2017年12月12日火曜日

お知らせ

フランスパンの日記念イベント
in  渋谷キャスト ガーデン


たくさんのご来場ありがとうございました ‼





多彩なフランスパンで写真撮影ができるフォトブース



フランスパンフォトジェニックコンテスト 投票



コンテストの結果発表はこちらです。