2017年6月12日月曜日

お知らせ

Masters de la Boulangerie 2018
マスター・ド・ラ・ブーランジュリー2018


20182月にパリで行われる展示会、ユーロパンにて、
世界各国から選出された18名の優秀なパン職人たちが、栄えある
「ワールド・マスター・ベーカー」のタイトルを競い合うため集結します。

日本からは、クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリー
2016年大会に日本代表選手として出場した瀬川洋司さんが、
パン部門の選手として選出されました。

パン部門の選手発表動画はこちらです。



2017年2月27日月曜日

お知らせ


Coupe du Monde de la Boulangerie 2020
クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリー
日本代表選手最終選考会

日本代表選手決定!!


2017年2月22日~25日までインテックス大阪で行われた
2017年モバックショウで、
クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリー2020年大会に向けた
日本代表選手3名が選出されました。(敬称略)


<パン部門>
株式会社帝国ホテル
二宮 茂彰


<ヴィエノワズリー部門>
株式会社神戸屋
津田 宜季


<飾りパン部門>
株式会社東京ポンパドウル
勝海 遥平


新たな日本代表選手により構成される日本チームに
熱いご声援を賜りますようよろしくお願いいたします。




このたびはクープ・デュ・モンドイベントブースに
足をお運びいただき誠にありがとうございました。
皆様のご協力で「日本代表選手最終選考会」を
無事終えることができました。


ご協力頂きました関係者の方々へ心よりお礼申し上げます。






2017年2月2日木曜日

お知らせ

Coupe du Monde de la Boulangerie 2020
クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリー
日本代表選手最終選考会

出場選手のご紹介
(敬称略・順不同)

①プロフィール ②大会への抱負

パン部門

石川 昌芳
①大阪府大阪市出身。2008年12月に株式会社ドンクに入社。
ドンク、ジョアン、モワザン、ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュなどの生産を経て、
現在はドンクららぽーとEXPOCITY店にて製造チーフを担当。
②今回初挑戦でしたが、幸いにも最終選考に残ることができました。
今まで支えてくれた全ての方々の期待に応えるためにも、
全力を出し切れるよう最終選考会に臨みたいと思います。

石毛 嘉一
①1979年東京都葛飾区生まれ。
1997年、株式会社神戸屋レストラン入社。現在、大宮店にて店長として勤務。
②今回で3度目の応募で、最終選考に残ることができました。
周りの方々、支えてくれる家族、色々とアドバイスを頂き、感謝しています。
このような大舞台でパンを作れることに感謝し、全力を尽くします。

合田 知弘
①北海道札幌市出身、2004年より株式会社ドンクにて勤務。
北海道3店舗、大阪2店舗、大阪エリア支援室を経て、
現在は東京エリアで製パンの技術指導・管理を担当。
②最終選考は前回に続き2回目です。
会社の上司や同僚、家族に支えられてここまで辿り着きました。
前回の経験を踏まえ、今回こそは勝ち抜きたいです。

出﨑 慎雄
①1979年東京都東久留米市生まれ。2001年株式会社アンデルセン入社。
現在株式会社広島アンデルセン勤務。
②皆様のサポートに、心より感謝申し上げます。持てる力の全てを出せるよう、精進致します。

二宮 茂彰
①宮崎県宮崎市出身、2007年より株式会社帝国ホテルにて勤務。
現在、帝国ホテルにてアシスタントシェフとして、婚礼宴会、レストラン、
ホテルショップすべてのパン製造に従事し、商品開発も担当。
②クープデュモンドは自分の中では特別な大会です。
今回二度目の最終選考ですが二度も、この場所でパンが作れるのも
これまで相談にのって頂いている尊敬する先輩や上司、サポートしてくれる後輩、
見守ってくれる家族に感謝しその期待に応えるよう臨みたいと思います。

藤森 洋輔
①東京都文京区出身。神戸屋レストラン勤務。現在は稲毛店にて主にベーカリー製造を担当。
②今回初めての応募でしたが、幸いにも最終選考に残ることが出来ました。
この場に立てるのはたくさんの方の支えがあるからです。
感謝の気持ちを忘れずに思い切って臨みます。


ヴィエノワズリー部門

井上 淳子
①奈良県奈良市出身。2007年4月にドンクに入社。
九州エリア3店舗の生産を経て、現在はドンク九州工場にて勤務。
②この度はこのような舞台に立つことが出来、大変身の引き締まる思いであります。
自身の腕にはまだ自信がありませんが、この場に立つことによって、技術的、精神的に
少しでも向上出来ればと考えています。そしてこの場に立つまで支えて頂いた方々に
感謝の気持ちを忘れず、精一杯頑張ります。

相良 一公
①1972年  福岡  田主丸町生まれ。
大学在学中にオーストリア菓子サイラーでアルバイトを皮きりに、菓子工房ミレイユ、
ホテル日航福岡、岐阜  高山のトランブルーにて修行。2003年地元にシェ・サガラをオープン。
2005年に九州のパン職人の連携と意識の向上を目指して、
勉強会EFBを立ち上げ、地味に活動中。  
 ②今回で4回目の挑戦で3回目の最終選考会になります。
最後のチャレンジなので、自分の力を出し切りたいと思います。
地方代表、個人店代表のつもりで頑張ります。

津田 宜季
①1982年大阪府生まれ。2005年株式会社神戸屋に入社。
直営店勤務後、パン製造を経て、現在は企画開発部に所属し商品開発を担当。
②今回で2度目の挑戦になります。上司や先輩方からご指導を頂き、
幸いにも最終選考に残ることが出来ました。このような機会を与えて下さった会社、
いつも支えてくれている家族に感謝し、悔いの残らないよう精一杯頑張ります。

本間 智哉
①千葉県浦安市出身。1997年アンデルセン入社。
店舗のチーフ、店長、商品開発等 を経て2014年1月より現職。
②最終選考に挑むのは2度目です。
年齢的にも最後の挑戦になると思いますので、 悔いの残らないように全力で取り組みます。

森脇 花奈
①島根県松江市出身。2002年10月より株式会社ドンク勤務。
関東圏6店舗を経て、現在は東京エリア支援室で技術指導を担当。
②今回初めての応募です。最終選考に残ることができたのは、技術指導して頂いている上司、
一緒に切磋琢磨してきた仲間のおかげです。初めての大舞台でとても緊張しますが、
精一杯やりぬきたいと思います。

渡辺 和宏
①1972年愛知県名古屋市生まれ。大阪あべの辻製菓専門学校卒業後
株式会社プリンスホテル勤務、その後都内リテイルベーカリー、
製菓製パン専門学校アシスタントを経て2007年よりル・シュプレーム開業、
2014年に名古屋JR髙島屋内に2店舗目open。自店の経営をする傍ら名古屋製菓専門学校、
ユマニテク製菓専門学校にて非常勤講師として後進の指導にも心身を注ぐ。
②最終選考に臨むのは二度目です。
前回は何もかもが初めてのことで納得のいく作品、作業が出来ませんでした。
最後の挑戦になるので、結果も大切ですが過程を楽しみながら
悔いの残らない挑戦にしたいと思います。よろしくお願い致します。


飾りパン部門

梅谷 誠吾
①1977年島根県益田市生まれ。株式会社神戸屋レストラン勤務。
現在はレストラン宝塚店にてベーカリー製造責任者を担当。
②初めての応募ですが上司や先輩方の助言や、周りの方や家族の協力で
最終選考に残ることができました。最後まで精一杯頑張りますのでよろしくお願いいたします。

勝海 遥平
①1983年東京都立川市生まれ。国際製菓専門学校を卒業後、
東京ポンパドウル入社。仕事の合間を縫って、飾りパンを独学で学ぶ。
②今回が2回目の応募になります。前回も最終選考まで残りましたが、
ミスもあり、悔しい結果になりました。今度こそ日本代表になれるよう、全力を尽くします!

澤田 淳一
①1980年 愛知県半田市出身。大阪の製パン専門学校を卒業後、
製パン技術を学ぶため渡独。「ベッカライ シューネック」「ベッカライ ノイリンガー」にて研修。
帰国後、父の経営するベーカリー「TODO」にて9年間の勤務。
2014年より名古屋製菓専門学校勤務。現在、製パン科チーフとして学生の指導に取り組む。
②多くの人に支えられてこの日を迎える事ができました。心より感謝申し上げます。
未来のパン屋さんを目指す学生達に、全力を尽くす姿を見せたいと思います。

角田 進一
①1974年神奈川県生まれ、1998年より株式会社神戸屋にて勤務。
現在は商品の開発を行っています。
②初めて見た飾りパンは衝撃でした。そんな世界があるとは知らずに
製パン業に飛び込んだ私は、いつか飾りパンで日本代表になりたいと心に誓いました。
入社以来想い続けていた「挑戦」は今回しかないと考え、全力で取り組んでいます。
応援よろしくお願い致します。

2017年1月25日水曜日

お知らせ

Coupe du Monde de la Boulangerie 2020
クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリー
(ベーカリーワールドカップ)
日本代表選手最終選考会開催のご案内

2017モバックショウイベントブースにて
クープ・デュ・モンド2020年大会に向け、
日本代表選手の公開選考会を実施します。

昨年、「パン部門」「ヴィエノワズリー部門」「飾りパン部門」の
3部門ごとに選手を募集、一次、二次予選を経て、
最終選考には16名の選手が挑みます
(パン部門6名、ヴィエノワズリー部門6名、飾りパン部門4名)。

最終選考により各部門から1名ずつを選出し、
日本代表チームを結成します。


開催日時・場所、スケジュールは以下の通りです。

日時:2017年2月22日~25日  10:00~17:00
場所:インテックス大阪 3号館イベントブース

CDM日本代表最終選考会出場選手の出場日
(敬称略・順不同)

2月22日
パン部門:石川昌芳(ドンク)/藤森洋輔(神戸屋レストラン)
ヴィエノワズリー部門:本間智哉(広島アンデルセン)/渡辺和宏(ル・シュプレーム)

2月23日
パン部門:出﨑慎雄(広島アンデルセン)/合田知弘(ドンク)
ヴィエノワズリー部門:津田宜季(神戸屋)/井上淳子(ドンク)

2月24日
パン部門:石毛嘉一(神戸屋レストラン)/二宮茂彰(帝国ホテル)
ヴィエノワズリー部門:相良一公(シェ・サガラ)/森脇花奈(ドンク)

2月25日
飾りパン部門:梅谷誠吾(神戸屋レストラン)/勝海遥平(東京ポンパドウル)
澤田淳一(名古屋製菓専門学校)/角田進一(神戸屋)

表彰式


同ブース内には
「パンの世界大会を応援しよう!」パン職人実演コーナーを設け、
パンの世界大会・日本代表選手達を応援する団体・有志、
歴代の選手達によるパンの実演を行い、
「フランスパンの日」シンボルマーク入りのオリジナルエコバッグを販売します。

2月22日:クープ・デュ・モンド 、2月23日:ibaカップ
 2月24日:モンディアル・デュ・パン 、2月25日クープ・デュ・モンド


ぜひ、3号館イベントブースにお立ち寄りください!

2016年12月22日木曜日

活動報告


日本フランスパン友の会
定例講習会

日本フランスパン友の会が行っている定例講習会についてレポートいたします。
2016年はフランスパン専用粉の勉強会を東京・神戸で開催いたしました。

<東京>
● 2016年10月25日(火)

● 会場:日清製粉株式会社 小網町ビル加工技術センター

●内容:日清製粉の「リスドオル」「テロワールピュール」
「レジャンデール」の特徴と選び方。

●3種の粉の比較と評価。
製パン作業(バゲット/ディレクト法と冷蔵発酵法)を
参加者全員で行い確認。



 


<神戸>
●2016年11月18日(金)

●会場:日仏商事株式会社 三宮本社

●内容:昭和産業の「クードシャンス」「Premium F」「麦の路」、
奥本製粉の「ラ・トラディション・フランセーズ」の特徴

●製パン性、食味・食感比較




講習会ではパンの試食や質疑応答、参加者の皆さんの
意見交換などが活発に行われました。

今後も製パン技術の向上や情報収集、フランスパンの普及を目指した
活動を展開してまいりますので、講習会やイベントにぜひご参加ください!